交通事故取扱事案(個人向け)

交通事故

交通事故
交通事故

交通事故に遭ったら、まずは一人で悩まず、弁護士にご相談ください。
交通事故に遭ってから示談するまでの適切な対応をいたします。

交通事故

加害者の対応に納得がいかないというご相談
相談者
相談者

先日、交通事故に遭遇しました。しかし、自分が加入している保険会社は何もしてくれず、相手方の保険会社の担当はとても無愛想で不親切な対応しかせず、被害者は自分なのにこのような不合理な状況に怒りを禁じえません。

それに、

・誰に相談すればいいのかわからない

・どの時点で相談すればいいのかわからない

・保険会社との直接交渉が大変で、治療に専念できない

・保険会社から「症状固定」と言われた

・賠償金の相場がわからない

・保険会社提示の賠償金の額が適正か分からない

・後遺症の等級認定に納得がいかない

どうすればいいですか?


弁護士
弁護士

交通事故は、普通、誰にとってもはじめての出来事です。

大変な思いをして入院、通院などするなか、賠償交渉のことまで考えることは至難の業です。


また自分の身体のことだけでなく、仕事のことや家族のことも考えると、不安でいっぱいになるのは無理もありません。

きちんとした賠償金を受け取るためには、事故直後から適切な対応をすることが大切です。


そして、交通事故の人身損害は、弁護士が役に立てることが多い分野だと思います。


1、回収が確実であること。

交通事故被害では、多くの場合、相手方(加害者)は自動車保険に加入していることが多いため、賠償金については、この保険会社がほぼ確実に支払ってくれます。 従って、相手方にお金がないため支払ってもらえないということはないため、安心して弁護士に御依頼できると思われます。


2、弁護士が交通事故損害賠償の専門知識を持っていること。

交通事故に遇われた方は、御自身で相手方保険会社担当者と賠償額の交渉を行うことになりますが、その際、保険会社側が提示してくる金額は、相場よりも低額であることも多いのが現実です。しかし、被害者は、経験も知識もないため、プロの保険会社担当者との交渉をうまく進めることは極めて困難で、保険会社担当者にうまく言いくるめられて、或いは、言われるがままの賠償額で和解をしてしまっているのが現状です。

しかし、賠償額の基準(裁判例)や裁判実務により通じた弁護士をたてることにより、それまで保険会社担当者が提示していた金額が全く異なる事も珍しくありません。交通事故事案は弁護士をたてることでそれまでより確実に交渉を有利に進めることができるケースの一つといえます。

3、弁護士費用特約

さらに、被害者側の自動車保険の特約として「弁護士費用特約」が付されていることも多く、その場合は、弁護士費用は殆んどの場合が保険で賄われ、被害者が実質的に弁護士費用を全く負担しなくて済むこととなります。

以上より、交通事故被害を受けた場合は弁護士が役に立てることをご理解いただけたことと思われますが、


弁護士法人高瀬総合法律事務所では、交通事故被害のケースにつきましては、

相談料無料(交通事故人身被害者の方、初回相談60分)、着手金自己負担0円として対応しております。なお、報酬金は、人身損害は、20万円+取得できた金額の10%、物的損害は、10万円+取得できた金額の20%(ただし、弁護士費用特約を利用する場合には別途弁護士費用特約保険会社との契約内容に基づく基準により算定)となります。


上に述べたように交通事故の人身傷害の賠償提示額は不当に低い場合があります。弁護士に相談して交渉してもらえば大幅な増額が見込める場合があります。多くの解決実績と経験を有する当法律事務所にまずはお気軽にご相談ください。


交通事故問題の解決へ

初回のみ60分無料で相談・土日祝日もご相談対応(予約制 )当事務所の弁護士スタッフが直接ご対応させていただきます。
tel-042-770-8611
tel-042-770-8611
メールでのお問合せはこちら