相模原市の弁護士事務所、高瀬総合法律事務所

TOP > 企業のお客様 > 下請法・独禁法

下請法・独禁法

よくあるご質問

下請法違反の効果

取引先が下請法違反に当たる取引をしていた場合、当社としてはどのようなことができますか?

公正取引委員会に下請法違反の事実を明らかにした場合、取引先は公正取引委員会などから「勧告」「指導」の処分を受けることがあります。 公正取引委員会は、必要に応じて親事業者や下請事業者に報告をさせたり、立ち入り検査をすることができます。「報告」を怠ったり拒否...

続きは有料会員の方限定となります。

下請法違反の条件

そもそも下請法違反かどうかはどのように判断するのでしょうか?

下請法の対象となるためには、取引する当事者の資本金を確認します。御社と取引先の資本金が、1000万円以上なのか、3億円以上なのか、もしくは、システム開発委託等であれば5000万円以上なのかどうかによって、下請法の適用対象かどうかが変わります。 ①次に、互...

続きは有料会員の方限定となります。

下請法の禁止行為について【受領拒否】

下請法の禁止行為のうち「受領拒否の禁止」について教えてください。

親事業者が下請事業者に対して委託した給付の目的物について、下請事業者が納入してきた場合、親事業者は下請事業者に責任がないのに受領を拒むと下請法違反となります。(公正取引委員会HPより抜粋) 他にも、親事業者は、下請事業者に対してホームページの制作を委託し...

続きは有料会員の方限定となります。

下請法の禁止行為について【支払遅延】

下請法の禁止行為のうち「支払遅延の禁止」について教えてください。

親事業者は物品等を受領した日(役務提供委託の場合は、役務が提供された日)から起算して60日以内に定めた支払期日までに下請代金を全額支払わないと下請法違反となります。(公正取引委員会HPより抜粋) 親事業者は、生産設備等の洗浄作業を下請事業者に委託している...

続きは有料会員の方限定となります。

下請法の禁止行為について【代金減額】

下請法の禁止行為のうち「下請代金減額の禁止」について教えてください。

親事業者は発注時に決定した下請代金を「下請事業者の責に帰すべき理由」がないにもかかわらず発注後に減額すると下請法違反となります。(公正取引委員会HPより抜粋)「発注後」というのがポイントです。 親事業者は、部品の製造等を下請事業者に委託しているところ、単...

続きは有料会員の方限定となります。

下請法の禁止行為について【返品】

下請法の禁止行為のうち「返品の禁止」について教えてください。

親事業者は下請事業者から納入された物品等を受領した後に、その物品等に瑕疵があるなど明らかに下請事業者に責任がある場合において、受領後速やかに不良品を返品するのは問題ありませんが、それ以外の場合に受領後に返品すると下請法違反となります。(公正取引委員会HPよ...

続きは有料会員の方限定となります。

下請法の禁止行為について【買いたたき】

下請法の禁止行為のうち「買いたたきの禁止」について教えてください。

親事業者が発注に際して下請代金の額を決定するときに、発注した内容と同種又は類似の給付の内容(又は役務の提供)に対して通常支払われる対価に比べて著しく低い額を不当に定めることは「買いたたき」として下請法違反になります。(公正取引委員会HPより抜粋) 親事業...

続きは有料会員の方限定となります。

下請法の禁止行為について【購入・利用強制】

下請法の禁止行為のうち「購入・利用強制の禁止」について教えてください。

親事業者が、下請事業者に注文した給付の内容を維持するためなどの正当な理由がないのに、親事業者の指定する製品(自社製品を含む)・原材料等を強制的に下請事業者に購入させたり、サービス等を強制的に下請事業者に利用させて対価を支払わせたりすると購入・利用強制となり...

続きは有料会員の方限定となります。

下請法の禁止行為について【報復措置】

下請法の禁止行為のうち「報復措置の禁止」について教えてください。

親事業者が、下請事業者が親事業者の下請法違反行為を公正取引委員会又は中小企業庁に知らせたことを理由として、その下請事業者に対して取引数量を減じたり、取引を停止したり、その他不利益な取扱いをすると下請法違反となります。(公正取引委員会HPより抜粋)...

続きは有料会員の方限定となります。

下請法の禁止行為について【有償支給原材料等の対価の早期決済】

下請法の禁止行為のうち「有償支給原材料等の対価の早期決済の禁止」について教えてください。

親事業者が下請事業者の給付に必要な半製品、部品、付属品又は原材料を有償で支給している場合に、下請事業者の責任に帰すべき理由がないのにこの有償支給原材料等を用いて製造又は修理した物品の下請代金の支払期日より早い時期に当該原材料等の対価を下請事業者に支払わせた...

続きは有料会員の方限定となります。

下請法の禁止行為について【割引困難な手形の交付】

下請法の禁止行為のうち「割引困難な手形の交付の禁止」について教えてください。

親事業者は下請事業者に対し下請代金を手形で支払う場合、支払期日までに一般の金融機関で割り引くことが困難な手形を交付すると下請法違反となります。(公正取引委員会HPより抜粋)...

続きは有料会員の方限定となります。

下請法の禁止行為について【不当な経済上の利益の提供要請】

下請法の禁止行為のうち「不当な経済上の利益の提供要請の禁止」について教えてください。

親事業者が、下請事業者に対して、自己のために金銭、役務その他の経済上の利益を提供させることにより、下請事業者の利益を不当に害すると下請法違反となります。(公正取引委員会HPより抜粋) 親事業者は、繊維製品の製造を委託している下請事業者に対し、購買担当者を...

続きは有料会員の方限定となります。

下請法の禁止行為について【不当な給付内容の変更及び不当なやり直し】

下請法の禁止行為のうち「不当な給付内容の変更及び不当なやり直しの禁止」について教えてください。

親事業者が下請事業者に責任がないのに、発注の取消若しくは発注内容の変更を行い、又は受領後にやり直しをさせることにより、下請事業者の利益を不当に害すると下請法違反となります。(公正取引委員会HPより抜粋) 親事業者は、部品の製造を下請事業者に委託していると...

続きは有料会員の方限定となります。

下請法と独禁法の関係について

下請法と独禁法の関係について教えてください。

下請法について簡単にご紹介すると、よく知られているのが独占禁止法ですが、下請法は、この独占禁止法を補助するために制定された法律です。親事業者と下請事業者が取引する場合、まずは下請法の規定が適用されますが、特に、独占禁止法で不正な取引方法として挙げられている...

続きは有料会員の方限定となります。

独禁法違反の行為について【取引条件等の差別取扱い】

独禁法違反行為のうち「取引条件等の差別取扱い」に当たる事例について教えてください。

A社が、国産自動車向け補修用ガラスの取引に関し、積極的に輸入補修用ガラスを取り扱う取引先補修用ガラス販売業者に対し、不当に、国産補修用ガラスの卸売価格を引き上げ、配送の回数を減らす不利な取扱いをしていたという事例について、独禁法違反が争われたことがあります...

続きは有料会員の方限定となります。

独禁法違反の行為について【抱き合わせ販売等】

独禁法違反行為のうち「抱き合わせ販売等」に当たる事例について教えてください。

A社が、取引先であるパソコンの製造販売業者に対し、当該製造販売業者が表計算ソフトウェアをパソコン本体に搭載又は同梱して出荷する権利を許諾する際に、不当に、ワードプロセッサー用ソフトウェアを併せて搭載又は同梱させ、さらに、表計算ソフトウェア及びワードプロセッ...

続きは有料会員の方限定となります。

独禁法違反の行為について【排他条件付取引】

独禁法違反行為のうち「排他条件付取引」に当たる事例について教えてください。

A社は、同社と一定額以上の取引をしているチェーン会会員との間に、自社製ベッドに類似する他社製ベッドの取扱いを禁止する旨の条項を規定した「A社専売店取引協定書」と題する契約を逐次締結し、他社製ベッドの取扱いを禁じていたという事例について、独禁法違反が争われた...

続きは有料会員の方限定となります。

独禁法違反の行為について【再販売価格の拘束】

独禁法違反行為のうち「再販売価格の拘束」に当たる事例について教えてください。

A社は、同社ブランドのアイスクリーム製品について、取引先小売業者に対し、自ら又は取引先卸売業者をして希望小売価格を維持させる条件を付けて契約し供給していたという事例について、独禁法違反が争われたことがあります。...

続きは有料会員の方限定となります。

独禁法違反の行為について【拘束条件付取引】

独禁法違反行為のうち「拘束条件付取引」に当たる事例について教えてください。

A社は、取引先小売業者等に対し、販売先を制限する条件を付けてソフトウェアを供給するとともに、取引先卸売業者に対し、同卸売業者をしてその取引先である小売業者に販売先を制限させる条件を付けてソフトウェアを供給していたという事例について、独禁法違反が争われたこと...

続きは有料会員の方限定となります。

独禁法違反の行為について【優越的地位の濫用】

独禁法違反行為のうち「優越的地位の濫用」に当たる事例について教えてください。

A社は、自己の取引上の地位が日用雑貨品納入業者に対して優越していることを利用して、日用雑貨品納入業者に対し、金銭を提供させ、また、日用雑貨品を 1 円で納入させていたという事例について、独禁法違反が争われたことがあります。...

続きは有料会員の方限定となります。

お問い合わせ

contact

初回のみ60分無料
相談を承っております。

東京や神奈川の法律事務所へのご相談は、高瀬総合法律事務所まで。
まずはお気軽にご相談ください。