TOP企業関係 > 小学生でもわかる簡単!株主総会解説

小学生でもわかる 簡単!株主総会解説

小学生でもわかる簡単!株主総会解説

しばしば法律の言葉は難しく、株主総会と聞いてもどういった意味で何がルール化されているのか分からないことがあります。実際の企業の現場で悩み、困っている経営者にとっては知らないと手遅れになることも多くあります。

そこで今回は、「株主総会を簡単に分かりやすく」をテーマに小学生でも分かるように簡単に解説します。

ざっくりとした株主総会の概要

株主総会は、会社の大切な決定をするための会議です。会社の株を持っている人たち、つまり「株主」が集まって、会社の未来について話し合います。

具体的なルール

  • 会社のリーダーを決める


    会社を引っ張っていく人を選びます。まるでクラスで委員長を選ぶようなものです。
  • お金の使い道を決める


    会社が稼いだお金をどう使うか、どう分けるかを決めます。家庭での家計管理を決めるのと似ています。
  • ルールを変える


    会社のルールを変える必要があるとき、それを決めます。まるで学校の校則を変えるときのようですね。

会社が健全に成長するために

株主総会は、みんなが公平に意見を言えるようにするための大切なルールです。これによって、会社が健全に競争し、お客さんに良い商品やサービスを提供できるようになります。

今回は誰でも分かるような解説をしましたが、具体的な事例を交えたケーススタディは「株主総会」ページをご覧ください。

顧問弁護士をお探しなら企業法務の実績豊富な弊所へご相談ください。
髙瀬総合法律事務所なら積立型着手金転用タイププランで無駄がありません。
詳しくは下記バナーをクリック!▼▼▼

顧問弁護士契約バナー

このコラムを書いた人

高瀬芳明

高瀬芳明

略歴

  • 私立早稲田実業高校卒業、 東京大学 農学部卒業
  • 平成18年9月 司法研修所卒業・弁護士登録 横浜市内の法律事務所に入所し企業法務,不動産問題を主に取り扱う
  • 平成19年5月 破産管財人就任
  • 平成21年10月 相模原中央総合法律事務所設立
  • 平成25年6月 弁護士法人高瀬総合法律事務所設立