TOP不動産相続 > 不動産と相続

不動産と相続

不動産と相続

相続は、家族の死亡に伴い発生する複雑な手続きです。特に不動産を含む遺産分割は、適切な知識と経験が必要とされる分野です。
今回は、不動産が絡む相続について基本知識の確認と、来春に施行される相続登記義務化について解説します。

不動産を含む遺産分割について

  • 不動産相続の基本
    不動産相続においては、遺言の有無を確認することから始まります。遺言がある場合は、その指示に従って名義変更を行いますが、ない場合は相続人全員で遺産分割協議を行う必要があります。相続税の申告・納税は、家族の死亡から10ヶ月以内に行う必要があり、相続財産の分配もこの期限内に完了させることが望ましいとされています。
  • 遺産分割のプロセス
    遺産分割協議は、相続人間で公平な財産分配を目指すものですが、しばしば意見の対立が生じます。特に不動産の価値判断が難しい場合、不動産業者や税理士、弁護士に相談することが推奨されます。また、相続人が不明の場合や行方不明の場合には、弁護士が相続人調査を行うことができます。
  • 相続税と不動産
    不動産を相続する際には相続税が課されますが、相続税の対策を事前に行うことで節税が可能です。高瀬総合法律事務所では、相続税専門の税理士を紹介し、節税方法についての相談を受け付けています。
  • 相続登記義務化
    相続により不動産を取得した相続人は、3年以内に相続登記の申請をしなければならないとされています。相続登記を怠ると、10万円以下の過料が科される可能性があるため、速やかに手続きを行うことが重要です。

不動産を含む相続は、適切な法的支援を得ることでスムーズに進行することができます。高瀬総合法律事務所は、相続税の申告から遺産分割協議、相続登記まで、一貫したサポートを提供しています。相続に関するお悩みがあれば、ぜひ弊所へ一度ご相談下さい。

相続ページはこちら

相続事例はこちら

このコラムを書いた人

高瀬芳明

高瀬芳明

略歴

  • 私立早稲田実業高校卒業、 東京大学 農学部卒業
  • 平成18年9月 司法研修所卒業・弁護士登録 横浜市内の法律事務所に入所し企業法務,不動産問題を主に取り扱う
  • 平成19年5月 破産管財人就任
  • 平成21年10月 相模原中央総合法律事務所設立
  • 平成25年6月 弁護士法人高瀬総合法律事務所設立